広々としたルーム

地球に優しい制度

階段を下りる

日本に住んでいる人は、知っておくと得することを知らないという人が多いです。その中には、住宅エコポイントというものがあります。このポイント制度を知っておくことで、地球に優しい環境作りができますし、自分も得することになります。

Read More »

問題をどうするのか

子供部屋のインテリア

不動産に関する問題は結構あります。その為、理想の家に住みたくてもどこか妥協しないといけない部分が出てくる時もあるでしょう。そういった時は、その問題を考えて本当に今必要なのかを考えてから相談してみるといいでしょう。

Read More »


対応はどうする?

エコな暮らし

任意売却するとなれば、後に購入したいという人が見学に来ることがあります。これは、不動産会社の人もいれば、一般人の人もいますので、その際にどのような対応を行えばいいのかを知っておきましょう。

Read More »

傾向を知るには

かわいい植木

不動産を所有していることは、結構色々と知っておかないと自分が損してしまうことがあります。ですから、これからのことを考えてどのようにして所有すればいいのかを改めて考えてみるのもいいでしょう。

Read More »


メリットを知る

風車を利用する

全国のおすすめ商品と交換できますよ!住宅エコポイントを使うならこちらのカタログサイトをご覧ください!

転勤などの理由で住まなくなったマンションは高価格で売るのが望ましいですよね。安心して買い取ってくれる会社を見つけましょう。

住宅エコポイントとは地球温暖化対策の一つとして住宅の省エネ化、住宅業界の活性化を目的に該当する住宅の新築建築やリフォーム工事を行うことでポイントが付与されるという制度です。この制度で付与されるポイントは1ポイント1円換算で工事代金に充当したり専用のカタログの中の商品やサービスを選択して交換することができるのです。 住宅エコポイント制度が一番最初に導入されたのは2009年です。そこから復興支援住宅エコポイントとして2011年に、2015年には省エネ住宅ポイントとして復活しているのです。住宅の建築では最大30万ポイントが、リフォーム工事では最大45万ポイントのポイントが付与されます。 新築建築の場合は該当している住宅の建築の場合30万ポイントがもらえてすべての条件を満たしていなければ1ポイントの付与もありません。

一番最初に導入された住宅エコポイントは当時の民主党政権のもと導入が決定したものでした。景気対策の一つとして住宅業界から注目された制度でもありました。その後東日本大震災が発生し、復興支援住宅エコポイントととして2011年の10月に復活しました。以前の住宅エコポイントの目的でもある住宅業界の活性化、住宅の省エネ化という大きな目的に加えて東日本大震災の復興という目的が加わりました。 復興支援住宅エコポイントでは被災地域以外での住宅の建築では以前の住宅エコポイントの半額分となる15万ポイントの付与が最大付与ポイントとなりました。一方で被災地域の住宅建築では従来通り30万ポイントの付与が認められるというものでした。更に付与されたポイントのうち半分以上のポイントを被災地域の復興支援のために使用するということも決められていたのです。被災地域の特産品や名産品、サービスの中から選択する必要がありました。