MENU

業務で使う電話を借りる

電話

用途に合った電話選び

ビジネスフォンはリースするのが一般的です。リースできるビジネスフォンを取り扱っているメーカーは有名な会社からあまり知られていない会社まで様々ありますが、費用の差はあっても機能の差はほとんどありません。また、リースできるのは新品ばかりではなく中古品もあります。新品には最新機能が加わっているメリットがありますが、それほど機能を気にしない、経費を抑えたいという場合は中古品で十分なことが多いです。ビジネスフォンの種類は、大きく分けるとレガシータイプとIP電話、ソフトフォンに分けられます。最もポピュラーなのがレガシータイプで、ビジネスに必要なほとんどの機能が備わります。多くの機能が必要でなければこのタイプで十分です。IP電話はインターネットを通じて電話を使うことになるため、動画の通信もできます。初期費用がかさむものの、無料通話を使えたり通話料が安かったりして毎日の経費を抑えられるのがメリットです。そしてソフトフォンはパソコンを内線電話機として使用する方法です。パソコンにソフトをインストールし、通話はヘッドセットを接続するかハンドセットを使用するかします。ただ、基本的にビジネスフォンなどとセットで使う必要があります。メリットはwebカメラを通じて画面上で会議できることやパソコン上で様々な管理ができることなどで、レガシータイプよりさらに多くの情報管理ができます。リースする際には、どれだけの機能が必要か考えて選ぶのが得策でしょう。